如月不動産 > 株式会社如月不動産のスタッフブログ記事一覧 > 小規模宅地の課税価格の特例

小規模宅地の課税価格の特例

≪ 前へ|新着物件 コーポ富士305号室 貸事務所・店舗   記事一覧   譲渡所得とは|次へ ≫

小規模宅地の課税価格の特例

カテゴリ:不動産の税金


不動産の税金
もくじ
1.概要
2.対象となる宅地等
3.特定事業用宅地等
4.特定同族会社事業用宅地等


1.概要

一定の小規模な宅地等を相続した場合、その小規模宅地等とされる一定面積までの部分については、通常の相続税の課税価格の80%または50%相当額を減額した金額を課税価格とすることができます。


2.対象となる宅地等

・相続又は遺贈(死因贈与を含む)により取得したすべての宅地等のうち、この特例の適用を選択した部分
・相続開始の直前において、被相続人又は被相続人と生計を一にしていたその親族の事業の用(事業に準ずるものとされる一定のものを含む)又は居住の用に供されていた宅地等で、一定の建物又は構築物の敷地の用に供されていたもの

〇用途別の減額割合・特例適用対象面積
①特定事業用宅地等 減額割合80% 特例適用対象面積400㎡
②特定同族会社事業用宅地等 減額割合80% 特例適用対象面積400㎡
③特定居住用宅地等 減額割合80% 特例適用対象面積330㎡
④貸付事業用宅地等 減額割合50% 特例適用対象面積200㎡


3.特定事業用宅地等

・被相続人の事業用(貸付事業を除く)
事業承継要件
被相続人の事業を申告期限まで承継していること
その申告期限までにその事業を営んでいること
保有継続要件
その宅地等を申告期限まで保有していること

・生計一親族の事業用(貸付事業を除く)
事業承継要件
相続開始の直前から相続税の申告期限まで、その宅地等の上で事業を営んでいること
保有継続要件
その宅地等を申告期限まで保有していること


4.特定同族会社事業用宅地等

一定の法人の事業用(貸付事業を除く)
法人役員要件
申告期限までにその法人の役員であること
保有継続要件
その宅地等を申告期限まで保有していること
※一定の法人とは、相続開始の直前において被相続人及び被相続人の親族等がその法人の発行済み株式総数又は出資総額の50%超を有している法人をいいます。

≪ 前へ|新着物件 コーポ富士305号室 貸事務所・店舗   記事一覧   譲渡所得とは|次へ ≫
  • 売却査定
  • いくら不動産
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社如月不動産
    • 〒493-0001
    • 愛知県一宮市木曽川町黒田字中沼北ノ切37
      新天地 1号室
    • TEL/0586-64-8555
    • FAX/0586-64-8556
    • 愛知県知事 (2) 第24010号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る